Newton 2の日本語チートシートをつくってみた。

Newton2_cheatsheet

After Effects用物理シミュレーションプラグインの #Newton2 の日本語チートシートを作ってみた。

Appleも”かのイメージムービー”で使用した『AEで物理シミュレーションといえばこれしかない!』ってくらいのNewton 2だけど、英語&ほぼツールアイコン無しなので自分用に。

必要な人はDLして使ってくださいませ。
(自分が分かりやすいように要約しているので正確さは無保証)

ちなみにMacアプリの”Bits”で初投稿してみたけど、肝心の画像が貼れなかったので結局Wordpressで編集。

広告

Appleよりも正確に iOS 7のあるべき姿を描きだした新Evernote

Evernoteアイコン

このエントリーは、ひとつ前に書いた私見と妄想溢れる記事”iOS 7でAppleが目指したものはフラットデザインではない。“の続編になっている。
こちらを読む前に是非、前編をご一読頂きたい。
 
 
先の記事で
Appleが目指したのはフラットではなくスペイシャル・デザイン(空間的デザイン)なのではないか?
という仮説を立てた。

そして本家Appleがまだその思想を明確に落とし切れていないと思われる中、これからのiOS 7のデザインの布石となるであろう形を見せてくれたアプリがある。

それがiOS 7向けに刷新された新Evernoteだ。

続きを読む

iOS 7でAppleが目指したものはフラットデザインではない。

先日一般公開されたiOS 7。

そのデザインに対するユーザーの反応は相変わらず賛否両論あるようだが、β版から触れてきたアプリ開発者やブロガーをはじめとした人々の間では「なかなか素晴らしいデザインじゃないか」という方向に概ね傾いてきているようにも感じる。

この記事の本筋にも通じるところなので、あえて個人的な意見を述べるとすれば「可もあり不可もあり」といったところ。

少し以前からフラットデザインというトレンドがやけにもてはやされているせいもあってか『iOS 7はフラットデザインだ』という見方も多い。 しかし本当にそうだろうか?
この記事ではその点を少し掘り下げてみたい。

(自身の考えをまとめながら書いていくので、分かりづらかったり伝わりにくい内容もあるかも知れないが、ご容赦頂きたい。)

続きを読む

iOS 7 時代に良質なアプリアイコンをデザインするための十ヶ条

– 壹 – シンプルこそすべて。という幻想から離れよ。

「シンプル・イズ・ベストだ」「Less is Moreだ」と声高に叫ぶことは容易い。しかしそれを形にし目的を果たすのは、それほど簡単なことではない。

ただ単純化しただけですべてのものが美しくなるわけではないからだ。

シンプルだから美しいのではなく『ありのままでも美しいものが、その通りにあるから美しい』と感じるのだ。

目的を忘れてはいけない。見た目をシンプルにすることが目的ではないはずだ。その上でシンプルさを重要視するのなら、見た目以上に『そのアイコンを見た時のユーザーの感情をいかにシンプルにできるか?』という点に集中した方が良い。
続きを読む

iOS 7にも対応!10サイズのアプリアイコンを一度に書き出せるPSDテンプレートを公開。

iOS App Icon Template CC
ついにiOS 7のリリースも明日に迫りましたね。
今回のOSアップデートでさらにアイコンサイズが増え、面倒だなぁ。。と感じていらっしゃるアプリ開発者、デザイナーも多いのではないでしょうか?

というわけで、アプリアイコン×10サイズを一括で書き出せるアイコンテンプレートを公開します。
元々は自分の仕事用に用意した物なのですが、せっかくなので公開することに。

尚、このテンプレートはPhotoshop CC 14.1以上のみの対応になります。
先日、CCのアップデートで『画像アセット』という新機能が搭載されたのですが、これによって1024pxアイコンをデザインしてPSDを保存するだけで全10サイズのpngを書き出すことが可能になったわけです。
ですので、旧バージョンには対応しようがありませんのであしからず。

ちなみに、今回のテンプレート作成にあたっては、Photoshop用ブラグインDevRocketの一機能を参考にさせて頂きました。
公開したテンプレートでは、ホーム画面用×8サイズとiTunes ArtWorkの1x, 2xサイズのみですが、DevRocketではスポットライトと検索用の各サイズも書き出せます。(ただし、DevRocketではプレビュー用のiOS 7の角丸マスクは合っていませんので注意。)
その他にも使える機能がありますので、気になった方は導入される事をオススメします!

続きを読む

CALayerのアニメーションを読みやすくカスタムしてみた。

いやぁ、iPhone 5s と 5cが発表されましたね〜。
それはそれとしてCALayerのアニメーションを書きやすく/読みやすくするPBReadableTransactionを公開しました。

CALayerをアニメーションさせる場合には、CAAnimationを使ういわゆる明示的アニメーション暗黙的アニメーションがあります。
前者は [layer addAnimation:animation forKey:key]; といった感じで書くヤツですね。
後者は layer.opacity = 0.4f; のように、CALayerのAnimatableなプロパティに変更を加えると勝手にアニメーションしてくれるヤツ。楽チン!

で、今回は後者の暗黙的アニメーション/CATransactionについて。

複数のレイヤーを同時にアニメーションしたい場合や、同時に複数のプロパティを動かしたい場合には、CATransactionを使うんですがこれがどうしても読みづらい。
コードを書いている時には考えて書いているのでさほど問題は無いんですが、あとあとになって解読しようとすると個々のレイヤーがどうアニメーションしているのかがすぐに分からない。。なんて事が度々起こってしまうワケです。

これをもっと読みやすく/書きやすく出来ないか?と考えたのが今回のキッカケ。
続きを読む

iOS 7のアイコンがダサいと感じるのは何故か?という考察。

uncool

先のiOS 7テンプレートを作るにあたって、色々と錯視調整について調べたりしました。
そこで、至ったひとつの考えをちょろっと書いてみようかな、と。

いきなりタイトルで『ダサい』と断言しちゃってますが、もちろん賛否両論あるのは理解しているつもりです。

だけど、個人的にはダサく感じる。というのが本音。
でも、それを可愛いと感じる人たちがいる。その感覚も分からないでもない。

では、なぜ、ダサいと感じるのか?

さらになぜ、可愛いと感じる人がいるのか?

その答えの一端がなんとなく見えた気がしたので軽く説明していきます。

続きを読む