今話題のアプリ『Clear』の実装を研究してみて感じたこと。


先日リリースされたiPhoneアプリClear
皆さんはもう使ってみましましたか?

実はこのアプリ、リリース前からプロモ動画が公開されていたので初めて見た瞬間から気になって、その動画を繰り返し何度も何度も見ながら
『一体どんな実装になっているんだろう?』と研究していました。
(もしリリースされなかったら同じ仕組みのアプリを自分専用に作ってしまおうとか考えていたりしてました^〜^;)

 
その結果、出来上がった実験用プロジェクトが上の動画です。
オリジナルじゃない、というのが分かるようにステータスバーは残しています。

。。と、 具体的な実装の話をしたいと思ったのですが、少し長くなってしまうのでそれは次のエントリーに。
ってなワケで、まずはこのアプリについての僕なりの考えを聞いてもらえると嬉しいです。

過去に注目されてきた偉大なアプリに習えとばかりに賛否両論入り乱れている感があるClearですが、僕はほんの少しの点をのぞいては素晴らしいアプリだと思っています。
(なんせ自分専用に作ろうとしたくらいですから。)

 
以下は代表的な紹介

一夜にして世界中を席巻したiPhoneアプリ「Clear」の裏側    – WIRED
この動画は必見!とにかくデザインが秀逸なiPhoneアプリ「Clear」リリース、期間限定85円!    – トブ iPhone
気持ちの良いジェスチャだけで操作できる ToDo アプリ “Clear”     – Lifehacking.jp

 
それとそれほどたくさんの意見を読んだ訳ではないけれど、主な否定的意見はこんな感じかと。

  • 操作が分かりづらい(ミスする)
  • ただのギミックアプリ
  • 他のToDoアプリの方が機能が充実している
  • ステマ乙

まぁ、最後のは今の流行語として言いたいだけだろうとして、興味深いのは、初めの否定的意見2つと先に上げたレビュー記事の注目してる点って実は一緒なんですよね。

Clearの独自UIを気持ちいいと思うか使いづらいと思うか。。
この辺りは個人差としか言いようが無いですね。好きな/嫌いな異性のタイプみたいなもんです。
ひとそれぞれ。

 
ですが、3番目の『機能が少ない』というのは明らかにそう感じるユーザーをターゲットにしていない気すらします。
(機能が単純なのはプロモを見れば分かりますし。)

そして、他のレビューでもあまり触れられていない『機能の少なさ』こそ、僕がもっともこのアプリに注目した理由だったりするんです!
僕にとってはピンチやドラッグによる操作はオマケみたいなもんです。
この部分を再現するプロジェクトを作っておいてなんですが。。。好きなので(^〜^;)

僕にとってこのClearは
『本質を見据えて作られたアプリ』
だと感じています。

 
例えば単純に『タスク管理アプリ』を作ろう、という出発点から作られたアプリなら、この形にはならなかったのではないでしょうか?

もし、そこが出発点ならば着地点はその他大勢のToDoアプリと同じようなところに落ち着いたでしょう。

 
批判を恐れずに言えば、それらのアプリは、それ以前に作られたToDoアプリの焼き直し。
根本的には、初めて作られたリスト系ソフトウェアから少しだけ違うものを作ってきた結果でしかありません。(もちろん改善/改良されたものの良さも分かります)

でも、それでは
『今存在するToDoアプリは自分には合わない(>, <;』
と感じているユーザに使ってもらえるアプリにはならない。

僕自身、アプリとしては結構お高めなToDo系アプリなどがiPhoneに入っていますが、今ではどれも全く使っていません。
Mac、iOSのCalendar.appですら入力する時点で『メンドくさっ!』 って思って予定を入れるのを辞めてしまうほどです。

それらのアプリは確かに実物の手帳やノートに比べて高機能で便利なのですが、そこに実物のもの以上の手軽さ、単純さはありません。

 
今回の例で言えば、ポストイット。
これをアプリ化しようと試みたアプリは数多くありますよね。
では、本当の意味でポストイット(付箋)を超えるユーザビリティに優れたものはどれくらいあるでしょうか?

ポストイットは、あの糊がついた紙切れだけで会社を存続できるほどのユーザーを抱えていますが、その魅力を超えるアプリはあるのでしょうか?

そして、それに挑むために付箋の外観を真似て機能を追加したところで、本物には勝ちようが無いと思うんです。
それこそ小さな付箋の上に沢山罫線を引いて、日付欄、項目欄、詳細欄、重要度、、とか書いているようなものです。

結果的にはユーザーがポストイットを使い続ける理由とは程遠いものが出来上がるってワケです。

 
ですが、
『ポストイットを使い続ける魅力』を超えるアプリを作ろう!
と考えたらどうでしょう?

そこからは既成概念とは離れた想像力が働くはずです。

多くの人がポストイットを愛する理由は何か?
その魅力を超えるにはiPhoneアプリとしてどんな仕様が望ましいのか?

勝手な妄想ながら、そんな考えで作られたアプリがこの『Clear』ではないかと思うんです!

 
とりあえず、仕事を始める前に/やってる途中にサッと書いて机やパソコンの隅に貼っつけておいて終わったら剥がして捨てる。
剥がしてる感覚は気持ちがいいし、ちょっとした達成感もあっていろんな色があるので、仕事に使っていてもアソビがある感じ。

そんなポストイットの魅力をかなり近い形で再現しつつアプリとして再構築しようとしている。。

 
そんな風に感じざるを得ないんですよね。

個人的には、タスク管理/効率化アプリなのに時間が表示されないとか、ひとつの機能に対して複数のジェスチャが割り当てられている事でかえって使う側にとって操作に迷うスキを作ってしまっているという点やiCloud非対応など、若干改善してほしい点はあるのも本音です。

 
ですが、開発者としては
アプリを作るにあたって前述のような思考で作り上げていくという点こそ見習いたいと感じています。

 
 
、、、と、とりとめも無く長文となってしまいましたが、以上がこのアプリを通じて僕が感じた事です。

みなさんはどう感じたでしょうか?

 
では、ちょいと尻すぼみ的なシメになってしまいましたが、これから実装について次のエントリーを書きはじめます!

では!またっ!!

広告

今話題のアプリ『Clear』の実装を研究してみて感じたこと。」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 話題のアプリ『Clear』のUIを独自実装してみた!(+Gumroand) | Everything was born from Love

  2. ピンバック: Daily Digest for February 22nd | cync.jp_blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中