100DL突破!? Re:ClearのGumroadでの販売経過まとめ

色々な方に爆発的とも言える注目を頂いたRe:ClearのGumroadでの販売。
(トップ画像の背景は購入者にお送りした解説PDFです。)

21日の早朝の更新から4日が経過したので、お礼もかねて経過方向をさせていただきますね。

まず、結果から言うと24日の23時の段階で。。。

どどんっ!
なんともまぁ、108ダウンロードとなりました(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)ハッ!

みなさま!ほんとーーーにっ

ありがとうございます<(_ _)>

いやぁ、本当に嬉しいです!
それと同時にGumroadが用意してくれたシステムの可能性を実感した次第です。

リリース前のClearのプロモ動画を見てRe:Clearの実装をしはじめた時は単にやってみたかったからで、始めから売ろうと思っていた訳ではなかったです。
でも、作ってる段階でGumroadが話題になりはじめていたこともあり、まだこの実装方法を公開している人がいないようだったので、じゃ試しに売ってみようかな?ってな感じでした。

そこで$5という値段にした理由は、あまり高くても良くないし、逆に安すぎても『ただGumroadで購入体験したいだけ』な感じのDLが多くなるかなぁ?と。
でもそれだと、Gumroadがひとつの収入手段として本当に機能するのかどうかが見えにくいので、下のように考えて決めました。

例えば100売れたとしてどれくらいの入りになってくれればいいかな?

もちろん売り出す前にはこんな大反響になることは全く想像していませんでしたし、本当に100売れるかどうかなんて誰にも分からなかった訳ですが。。(^〜^;)
まぁ、結果的だけ見ると想像通りになった訳です。

『イメージしたことが現実になる』とはよく言ったもんですね。

ただ簡単に稼いだつもりはないです。
コードをリファクタリングまでして公開まで持っていくのにそれなりに頭も時間も使いましたし、サービスとは言え、全38頁の詳解PDFも用意しましたしね。

上がこのブログの日別ページビューです。
普段更新していない状態で300前後、過去最高は2,000PV/日ほどだったので一気にその5倍程度のPVをたたき出してしまった訳です。もうビックリ!
今書いている時点までで、この記事だけで10,413PVとなり、毎日ちょくちょくとPVをのばしつつある一年半前に書いた人気エントリー『Study CoreData 0 序章 〜日本語で覚えなくっても良いじゃんね~』をたった4日で抜きそうな勢いです。

それもこれもいつも本当にお世話になっている@setoh2000 さんや @StudioLoupe さん、AppBankさんを始めとする多くの方々のおかげですが、今回は特にあの @fladdict さんにも応援していただけたおかげで、こんなとんでもない好機のまっ只中で踊らせ頂きました。

そして極めつけはこの記事!

iPhoneアプリ、Clearの独自実装コードがGumroadで販売される – fladdict

もうここから一気にはてぶバージン奪われるわ、RTとかフォロー通知が止まらなくなるわで、通知でTweetbotの投稿画面が見えづらくってツイートが大変だったりしました(笑)

ちなみにその前の時点で記事のPVに対してGumroadリンクのクリック率が3%、さらにクリック率に対する購入率が1/3程度で、面白いことにしばらくこのパーセンテージはほぼ変わらないまま推移していきました。

記事のPVベースで考えると0.2%程度のダウンロードだったので
単純に一万PV/日あるブログとかなら、やり方次第で200DL/日くらいは普通に可能なのかなぁ?と思いました。

ですが、こっからGumroadがちょいちょい落ちたりして、この割合はメチャクチャになっちゃいましたが。。(^〜^;)
まぁ、始まったばかりのサービスなのでそこら辺も含めて楽しまないとなって。

ついでにYoutubeのハウツーカテゴリのランキングにも載っちゃいました!
現時点での再生回数は 4,916回であとになって英語圏向けのバージョンもアップしたのですが133回。。。
これは失敗でしたね。始めに上げた動画のPVが伸びていて、かつ日本語圏の人は直でYoutubeで見つけるよりブログやはてぶなどから見る人がほとんどだと思うので、思い切って日本語の説明を省いて英語の説明に入れ替える方が良かったかなぁと。

それとGizmodoともうひとつ海外サイトにつたない英語でメンション送ってみた結果、

とGizmodoの人からリプライはあったものの、それ以上は発展しなかったっぽいです。
ま、そんなに甘くはないってことですかね(^〜^;)

ーと、ここまでが現在までの簡単な結果報告でした。
ダウンロードしてくれた方、ツイートをRTしてくれた方、応援してくれた方、本当にありがとうございました!

なお、これからダウンロードされる方には、Gumroadには書いていないのですがDL後に @Jacminik までMention頂けれればPDFもお送りします。
追記:※ ツイッターアカウント名から推測しづらいメールアドレスをお使いの場合は、他の人が特定できない程度のヒントを内容に含めてください。
例:jacminik@xxx.comなら、『アドレスは”ja”で始まります』や『始めが”j”で終わりが”k”です』など。 

Gumroadリンク: [Xcode Project] Re:Clear

今回の一件の後で @fladdict さんのこの記事を読み返してみまし た。

Gumroadの有効活用するコツ – fladdict

(※リンクはGumroadで購入 ^〜^)
この記事の中でGumroadと相性の良さそうなものとして上げられているのがこちら。

  • 希少性のあるもの
  • 作者を応援したくなるもの
  • いま行われていることに+アルファの付加価値をつけるもの。
  • みんなが欲しがっているが、供給されていないもの
  • データが流出しても、おおらかにゆるせるもの
  • コンテンツそのものではなく、それを作った行為を応援したくなること。
  • 特定のユーザー層とガッチリつながっている人
  • 熱心で特徴あるユーザー層をあつめる場所

これらを今回の例で見てみると、

  • 希少性はあったみたい。
  • 作者を応援したくなるものだったのかもしれない?
  • いま行われていることに+アルファの付加価値が開発者にとってはあったかと。
  • みんなが欲しがっているが、供給されていないものだった。
  • データが流出しても、おおらかにゆるせるものかな?(元ネタは他人のものだし)
  • コンテンツそのものではなく、それを作った行為を応援したくなることだったのかも?
  • 特定のユーザー層とガッチリつながっている人ではなかったけど、そういう方達がバックアップしてくれた。
  • 熱心で特徴あるユーザー層をあつめる場所はAppBank!

ってことで、70点くらいはクリア出来ていたのかもしれません。
しかし、まだ実例のない時点でこれだけの想定とは、さすがとしか。。。

今回はとても素晴らしい結果になったので次回は、本格的なアイコンデザインチュートリアルとか考えてます!
いつのタイミングかはまだ言えませんが、また気になったら是非に!<(_ _)>

最後にひとつ一番予想外だったこと。

ディスられなかった。。。ε=( ̄。 ̄;)
(僕が知る範囲では)

まぁ、良かったです(^〜^;)
では、また!

広告

100DL突破!? Re:ClearのGumroadでの販売経過まとめ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 勇気を出して初めてのGumroadで買ってみた | ソフトアンテナブログ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中