iOS 7でAppleが目指したものはフラットデザインではない。

先日一般公開されたiOS 7。

そのデザインに対するユーザーの反応は相変わらず賛否両論あるようだが、β版から触れてきたアプリ開発者やブロガーをはじめとした人々の間では「なかなか素晴らしいデザインじゃないか」という方向に概ね傾いてきているようにも感じる。

この記事の本筋にも通じるところなので、あえて個人的な意見を述べるとすれば「可もあり不可もあり」といったところ。

少し以前からフラットデザインというトレンドがやけにもてはやされているせいもあってか『iOS 7はフラットデザインだ』という見方も多い。 しかし本当にそうだろうか?
この記事ではその点を少し掘り下げてみたい。

(自身の考えをまとめながら書いていくので、分かりづらかったり伝わりにくい内容もあるかも知れないが、ご容赦頂きたい。)

Appleが目指したものは何か?

例えば iOS 6まで推奨されてきた、現実の物を模したデザインを『疑似3次元的』と言い換えるなら、フラットデザインは『2次元的』だと言える。 だが今回の大々的なデザイン刷新によって、Appleが偽物の3次元を2次元に置き換えたかっただけとはどうしても思えない。

フラットデザイン促進派が語る『デジタル世界での物理メタファーの限界』は、実際のところ、フラットデザインでもすぐにまた同じ問題で行き詰まるだろうことは目に見えているからだ。

iOS 7によって目指されたのは「見せかけの3次元でも2次元でもない別の何か」だと思う。
より突っ込んで言えば、奥行きのある空間と厚さゼロのレイヤーで構成されたものだ。(*仮にこれを『スペイシャルデザイン』と呼ぶことにする)

仮にこのスペイシャルデザインがAppleの新たな方向性だとすると、それはとても合理的でごく自然な流れだと思えるのだ。

スペイシャルデザインが実現すること

まず、モバイルデバイスの課題のひとつとして揚げられる画面の狭さ
これは、奥に向かって拡がっているように見せることで、実際よりも広くゆったりと感じさせる事が出来るだろう。
縦横に拡げてスクロールを強いる平面的な構造よりもアクセスしやすくなるはずだ。

例えばコンテンツ量の多いアプリだとしても、細分化した情報をそれぞれ小さなレイヤーに分け、縦横だけでなく奥行きも利用することでより柔軟なレイアウトが可能になる。 これによって、小さな画面内に一度に多くの情報を敷き詰める必要がなくなるため、ユーザーにもより優しい設計になるだろう。

画面内に空間や奥行きをつくることは、一見するとSFチックに思えるかも知れないが、人は常に現実世界の中で空間や奥行きを認識して生活している。 そのため例え仮想であれ、ユーザーがその空間を把握するのは容易いことだろう。(この点は物理メタファーを使ったUIと感覚的には似ているかも知れない。)

また、小さな情報単位にレイヤーを分け、レイアウトと切り離すことで、見た目のデザインとそれを表示するためのプログラムとの親和性が高まることも考えられる。

フラットデザインでは「ボタンがどれだか分からない」と言われることも多いが、ボタンがコンテンツよりも手前のレイヤーに浮かんでいるように表現出来れば、シンプルさと分かりやすさを両立しやすくなるだろう。

そして何よりも、スペイシャルデザインならば今後の可能性はより拡がっていくだろうと感じるのだ。 それが冒頭に揚げた「可もあり不可もあり」の『可』の部分である。

現状のiOS 7のデザイン

ここまでに書いたスペイシャルデザインのようなものをAppleが目指しているのだとすると、パララックス効果のようなAPIを用意したことや、タブバーやツールバーなどの透け感や背景のボカシが必要とされたことも腑に落ちる。 また、スイッチやスライダーにリアルな影があることにも矛盾は無いのかも知れない。

だが『不可』の部分もある。

それは、そのデザイン思想を目に見える形に落とし込めていない点。中途半端だったり、平面的な見せ方から脱せていないと感じさせる箇所が少なくない。 また、テキストを必要以上に過大評価しすぎている感も否めない。

もしかしたら、すでにゴールとなるデザインは出来上がっていて、そこに向かうための一歩目としてのデザインが現状のものかも知れないし、変わることに対するユーザーの負担を最小限にするためにそうしたのかも知れない。

ただ、それでも個人的には物足りなさや矛盾、強すぎる色使いなどが目についてしまう。どうせ変えるのなら、もっと明確に可能性を感じさせてくれる形まで持っていって欲しかったと思うのだ。

だが、とあるアプリのiOS 7対応アップデートで、もしかしたらスペイシャルデザインの布石となるかもしれないと感じさせるものをみつけた。

それについては次のエントリーで書きたいと思う。

— 追記 —
続編を書きました。
Appleよりも正確に iOS 7のあるべき姿を描きだした新Evernote

広告

iOS 7でAppleが目指したものはフラットデザインではない。」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: Appleよりも正確に iOS 7のあるべき姿を描きだした新Evernote | Everything was born from Love

  2. ピンバック: iOS 7でAppleが目指したものはフラットデザインではない。 | Everything was born from Love | apple製品情報ポータル – Mac, iPhone, iPadなど

  3. 私も大体同じ意見です。
    結局フラットデザインもスキュアモーフィズムと同じで、意図的に制約を作り出す(2次元で表現しなければならない等)デザインである以上、いずれ袋小路に行き着くのではないかと思います。スクリーン上では3次元の表現は偽物であり、本来の姿である2次元で表現すべきというマテリアルオネスティの思想が根底にあるようですが、現実世界とは異なりそもそも「本物」なるものは存在しないはずであり、無駄に表現を制限するだけにしかならないと思います。

    テキストを過大評価する傾向はiOS7のみならず、フラットデザインで括られているUIに共通する傾向という印象です。アイコンを多用した従来のデザインへのアンチテーゼという側面があるようですが、アイコンに比べて正確に情報を伝えやすい一方、冗長になりやすいという印象です。

    全体としてですが、気に入らない点もある一方、中々上出来なデザインなのではと思います。
    テキストを多用し過ぎている点の他、シャドウを抑えすぎて輪郭がわかりにくい、押した感覚が薄い、配色が明るすぎ、一部のアイコンデザインがあまり洗練されていないなど、細かい点で気に入らない点もありましたが、スペイシャルデザイン自体はシンプルさと機能性を両立し、大きな可能性を有したデザインだと感じました。将来的には3D UIに繋がるのかもしれません。

  4. ピンバック: Appleのサイトのデザインが変わった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中