iOS 7でAppleが目指したものはフラットデザインではない。

先日一般公開されたiOS 7。

そのデザインに対するユーザーの反応は相変わらず賛否両論あるようだが、β版から触れてきたアプリ開発者やブロガーをはじめとした人々の間では「なかなか素晴らしいデザインじゃないか」という方向に概ね傾いてきているようにも感じる。

この記事の本筋にも通じるところなので、あえて個人的な意見を述べるとすれば「可もあり不可もあり」といったところ。

少し以前からフラットデザインというトレンドがやけにもてはやされているせいもあってか『iOS 7はフラットデザインだ』という見方も多い。 しかし本当にそうだろうか?
この記事ではその点を少し掘り下げてみたい。

(自身の考えをまとめながら書いていくので、分かりづらかったり伝わりにくい内容もあるかも知れないが、ご容赦頂きたい。)

続きを読む

iOS 7のアイコンがダサいと感じるのは何故か?という考察。

uncool

先のiOS 7テンプレートを作るにあたって、色々と錯視調整について調べたりしました。
そこで、至ったひとつの考えをちょろっと書いてみようかな、と。

いきなりタイトルで『ダサい』と断言しちゃってますが、もちろん賛否両論あるのは理解しているつもりです。

だけど、個人的にはダサく感じる。というのが本音。
でも、それを可愛いと感じる人たちがいる。その感覚も分からないでもない。

では、なぜ、ダサいと感じるのか?

さらになぜ、可愛いと感じる人がいるのか?

その答えの一端がなんとなく見えた気がしたので軽く説明していきます。

続きを読む

iOS7向けアイコンの角丸シェイプをほぼ確実に再現したPSDテンプレート公開。

icon_tmpl_ios7

WWDCで iOS 7が発表されてからというもの、新しくなったアイコンの角丸に対応すべく国内外含めて色々なところからテンプレートが出て来ていますね。

そんなテンプレート公開ラッシュも一段落した頃かな?と思いますが、遅ればせながら用意してみたので、ついでに公開。

続きを読む

[iOS] たった2行でTweenアニメーションを実装できるコードを公開。

先日、こんな記事が話題になっていましたね。
職人が教える!iOSアプリ開発で使いこなしたいとっておきのOSS
第1回 様々なアニメーションを実現するiOSアプリ用トゥイーンライブラリ3種を比較!

実はTweenという言葉すら初耳だった程度の知識なのですが、この記事を読んでサンプルコードをいじってみました。
ですが、正直どれも使い方が複雑で使いづらいなぁ。。という印象でどうにかならないものかな?と。
もちろん、本格的なTweenを実現するには多少複雑になってしまうのは分かるのですが、実際に使うとなるとそこまでの機能は必要ない場合の方が多いんじゃない?ってのが今回のコードを用意したきっかけ。

そこで、上記記事であげられていたライブラリを参考に、もっと簡単に使えるTweenアニメーション用コードを書いてみましたので、ご参考まで。
ツッコミ大歓迎です!

続きを読む

100DL突破!? Re:ClearのGumroadでの販売経過まとめ

色々な方に爆発的とも言える注目を頂いたRe:ClearのGumroadでの販売。
(トップ画像の背景は購入者にお送りした解説PDFです。)

21日の早朝の更新から4日が経過したので、お礼もかねて経過方向をさせていただきますね。

続きを読む

話題のアプリ『Clear』のUIを独自実装してみた!(+Gumroad)


ひとつ前のエントリーの続きです!(動画も同じ)

今回こそ、当初の目的であった
『Clear for iPhone』のUIを独自に再現した実装
についての解説を書いていきますね。

初めに断っておきますが、今回のエントリーはStudy CoreDataシリーズのようなチュートリアルではありませんのであしからず。。
部分部分でどういった実装をすればあのUIが実現出来るのか?というポイントを解説していきます。

このエントリーの最後に、Clearと同じくなにかと話題のGumroadでテストアプリを公開していますので欲しい方は是非!
(※ 更新:内容が古くなったため公開は終了しました)
では、まず目次をば。

続きを読む

【実録】アプリアイコンの作り方  〜2%のデザイン〜

気温がコロコロ変わり上着を来たり脱いだり忙しい今日この頃、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?
相変わらずご無沙汰しております(^〜^;)
Jacminikです。
またまた、僕がデザインさせて頂いたアイコンがAppStoreに並びました!
パチパチパチ〜♫
…ってなワケで、
今回はとあるiPadアプリのリニューアルアイコン制作の過程を紹介させて頂きながら、アプリのアイコンがユーザーの目に留まるようになるまでに
開発者やデザイナーがどのように考え、
どのようにこだわって作っているのか?

を少しでもお伝えできればと思っています。
今回ご紹介する行程は飽くまでも一例ですし、
すべてのアイコンがこのように作られている訳ではないと思いますが
ひとつの参考として読んで頂けたらうれしいです。
(最後にデザイン案件の受付についても宣伝させて頂きますので、開発者の方々も是非ご参考にしてみてくださいね。)

ちなみにタイトルの『2%』と言うのは
今回、ひとつのアイコンを完成させるために作ったファイルの数から計算した数字です。
そんな実際に作った42ファイルを一挙大公開しまっす!

では早速参りましょうか。
続きを読む